寝る前におなかが空いていたせいでデザートの作業場の夢物語を見ました

夕刻寝る前にものすごく胃腸が空いていたのですが、スナックもカップ麺も切らしていましたし、一際そんな時間に食べたら太ってしまうので我慢して布団に入りました。
それが原因なのかはわかりませんがスナックの住居が出てくる願い事を見たのです。
開始夢の中で自身は講習のような場所にいました。
夢の中って何だか自分の年齢は実年齢は違ったりしますが、この時も若返っていました。
レッスンを見回しても誰もおらず、夢の取り分け自身は胃腸が空いていました。
その時何を思ったかチョークが美味しそうに見えたんですよね。
おもむろにチョークを口の中に添えるといった、それはラムネの味覚がして美味しくて一本食べてしまいました。
桃色のチョークも同じように食べ、よく見ると教壇や催し物や椅子は洗い浚いチョコレートだったのです。
夢の正中の自身はあちこちパキパキチョコを折っては食べていました。
窓ガラスも飴でできているという印象が働き、グーで叩くというパラパラ割れてその欠片を食べました。
カーテンは何でできているんだろうといった口に入れようからには持ち運びのアラームが鳴りました。
視線が覚めた自身は布団を握りしめていたのですが、ひょっとしたら食べようとしていたのかもしれません。
しかしレッスンがスナックの住居になっていたはあの講習はトラブルもスナックで出来ていたのだろうかといった願い事ではありますが気になってしまいました。
また同じ願い事が見たいのですが、はからずも一度見た夢の続きは見られないので残念です。
しかし普通はスナックの住居というとメルヘンチックなものを想像しがちですが、なんで講習のレッスンだったのか謎です。あなたの悩んでませんか?顔が乾燥して赤みの化粧水の買い方はきっと違う。正しいのは・・・